手軽にできるふるさと納税|話題の選べる納税法

婦人

寄付をしてみましょう

野菜

ふるさと納税は、実質2000円の負担で様々な特産品などがもらえるお得な制度となっています。年収によって上限が決まっていますので、各自で調べる必要があります。負担を2000円で収めようと思っている場合は、注意しておくことが必要です。

もっと読む

ふるさとをお得に支援

お肉

自治体への寄付金のことをふるさと納税と言いますが、2000円以上寄付することで住民税の還付が受けられるようになっています。そのためおすすめの節税対策としても注目されているのです。申請書を送る必要があるので注意が必要でもあります。お礼の品がもらえる、ふるさとの自治体でなくてもよい、複数送ってもよい、税金の使い道が指定できるなどの特徴があるのが魅力の一つです。

もっと読む

確実に節税するために

風景

最近話題沸騰中のふるさと納税。サラリーマンでも手軽にできる節税として大人気です。昨年「ふるさと納税ワンストップ特例制度」が出来ました。これは寄付した先が5団体以下であれば確定申告をしなくても節税が受けられるという制度です。確かに面倒な確定申告はいらなくなりますが、各ふるさと納税先に特例適用の申請書を提出しなければなりません。これはあくまでも特例であり、原則は確定申告して下さい、と言う国の思惑があります。ふるさと納税先が5団体あれば5団体全てに申請書を出さなければならないので、確定申告とどちらが面倒なのかは微妙なところですが、どちらにしてもやっておくべき手続きをきちんとして、初めて節税効果が生まれます。

某サイトのCMによりますます注目度がアップしているふるさと納税。しかし忙しいサラリーマンの中には、ふるさと納税はしたいけれど銀行や郵便局に行くのは面倒、という人もいるでしょう。そんな人にはクレジットカードでの納税がおススメです。すべての自治体で出来るわけではありませんが、利用可能な自治体はどんどん増えています。しかも特産品とクレジットカードのポイントをダブルで受け取れるので、これはオイシイですね。また人気の特産品はすぐになくなる傾向があるので、狙っているものがある場合には常に自治体のサイトなどをチェックし、早めに寄付を申し込みましょう。節税できるうえに特産品までもらえてしまうふるさと納税ですが、特産品だけに注目するのではなく、なぜその自治体に寄付をしたいのか考えることも大事です。

格差解消のための仕組み

女性

都市部と地方との雇用問題やインフラの整備状況などに見られる格差を是正するためのシステムがふるさと納税です。これまで、生まれ育った町に税金をお様たかったという人にもおすすめです。人気ランキングでは、特産品の人気を調べることが出来ます。

もっと読む

Copyright © 2016 手軽にできるふるさと納税|話題の選べる納税法 All Rights Reserved.